中古携帯を使う女性

白ロムの買取は、専門業者のショップ店頭、あるいはオンラインショップで取り扱っています。
近くに買取ショップがある場合は、見積もり依頼や機種価格の相場の確認が容易にできますが、無い場合はオンラインショップで申し込みます。

白ロムの利用には、注意すべき点もあります。
一部のキャリアにおいては、SIMカードを差し替えるだけでは使用できないため、携帯電話ショップにて事務手続き手数料を支払い、使用できるようにしてもらう必要があります。
SIMの差し替えだけでは使用できない状態のことをSIMロックと言いますが、総務省では今後全てのキャリアに対して、SIMロックを解除するよう義務付ける方針です。

中古のガラケー

使い古した中古携帯の多くは、新規買い替えや機種変更の際に廃棄するか、あるいは携帯電話ショップに渡してしまう人が多いのでは無いでしょうか。
また、機種を新しくする時に、欲しい機種の購入代金や月賦額があまりに高額なため諦めてしまい、毎月の割引料金が大きな機種などで妥協せざるを得ない場合もあります。
しかし、実は中古携帯の需要は大きく、機種によっては高額で買取されることもあります。
また、機種変更時に中古携帯を安く購入して、負担を大幅に減らすという方法もあります。
解約された中古携帯は白ロムと呼ばれ、中古市場で流通しています。

買取を行った業者が初期化を行い、SIMカードを入れただけで動作するような状態で販売しているものを白ロムと言います。
白ロムは新品と違い安価で購入できるため、一定の需要があります。
このため、使い古した携帯電話を機種変更時や新規購入時に下取りに出すよりは、買取業者に売った方が得する場合もあります。

中古携帯とメガネ

最近、「白ロム」という言葉をよく耳にします。
白ロムとは、携帯電話に電話番号が入っていないいわば空っぽの状態のもののことです。
最近はスマートフォンを持つ方が増えていますが、フィーチャーフォンもまだまだ根強い人気があります。
そのフィーチャーフォンを白ロムとして中古携帯販売や買取をしている店舗が増えています。
中古携帯と聞きますと、なんとなくイメージが良くない気がしますが、ほんのわずかの日数しか使用していなくても、使わなくなってしまう人もいます。
たとえ少々キズが入っていたとしても、中身に問題なければ困ることもありません。
最近の携帯は4~5万からそれ以上の価格で販売されているものが多いです。
それを分割して購入されている方も沢山いらっしゃるでしょうが、中古携帯でしたら数千円から販売されていますので、かなりお得です。
家電量販店や古本屋でも中古携帯が販売されています。

携帯にSIMカードを挿入すれば、使用できますので面倒な機種変更の手続きに行かなくてもいいこともメリットです。
また、もう使用しない携帯を買取もしてくれますので、そちらを持っていけばお金になりますし、更に別の中古携帯を購入もできます。
白ロムにする方法は、今までの情報を初期化してしまえば、中身は空っぽになりますので誰にでも出来て簡単です。
人気のある機種やきれいな状態ですと高値で買い取ってくれます。
勿論、フィーチャーフォンに限らず、スマートフォンも同様に買取してくれます。
お家に眠っている中古携帯がある方は、この機会に是非買取してもらいましょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031